まま守り

火災保険が適用される範囲をご存じですか?

こんにちは。
おうちの買い方相談室、奈良店代表の角川です。



私のもとには日々多くの住宅に関する相談が寄せられます。
その中で最近相談が増えているのが「火災保険」です。
皆さんは「火災保険」と聞いて、どんな時に役立つ保険を想像されますか?
火災と付くだけあって「燃えてしまった」だけでなく、
その他にも「台風の風で屋根が壊れた」、「大雨で川があふれて家に水が入った」など
自然災害でも保険金を支払う事が出来ます。

最近では雹(ひょう)が降ってガラスが割れた、カーポートに穴があいたという被害も出ましたね。
これからの季節はゲリラ豪雨や台風など水の被害が増える時期になりますので
火災保険における「水災」保障についてお伝えしたいと思います。

「水災」とは台風や豪雨によって起きた洪水、土砂崩れ等による被害のことを言います。
でも「水災」であれば無条件で支払うわけでもなく次の条件が必要になります。

• 建物の評価額(保険の対象に家財が含まれる場合は再調達価格の30%以上の損害が発生した場合
• 床上浸水(※2)もしくは地盤面(※3)より45㎝を超えて浸水した場合

わかりやすくお伝えすると、
再調達価格とは修理する、または同じ家財などを新しく買いそろえるのに必要な金額です。
つまり2000万円の家に住んでいる方なら3割の600万円を超える被害が出ないと支払われない。
または、実際に住んでいる部分の床(フローリングや畳など)を超える浸水がないと保険が支払われないんです。

なかなか厳しい条件ですよね。
「水災」が起きる可能性が高いエリアなのか低いエリアなのか
まずは現在のお住まいの市区町村、もしくはこれから住む予定の市区町村のハザードマップを確認してみてください!
『○○市 ハザードマップ』で検索すると出てきます。

お住いのエリアが水災の危険性が高いのか低いのか、加入している火災保険の内容と併せて確認してみてください。
もし水災の危険のないエリアであれば、水災の補償を外すことを検討してみてはいかがでしょうか?
数万円から数十万変わってくる可能性があります。
逆に水災リスクが高い地域にお住まいの方は・・・
もし、台風や集中豪雨が原因で発生した洪水によって自宅が床上浸水した場合、ローンの支払いを抱えたまま修繕費を負担しなければなりません。



水災による修繕費用を貯蓄でまかなったり、別途ローンを組むと返済負担が増えたりすることで、子どもの進学や老後生活といったライフイベントに備える資金が足りなくなるかもしれません。
火災保険は住宅購入時に勧められるがままに加入して、それっきりという方も多いと思います。

今年の10月に火災保険は大幅に値上げすることが決まっています。
特に木造住宅にお住いの方は10月までに確認、見直しをしてください!
既に賃貸や持ち家で火災保険にご加入中の方はもちろん、これから住宅購入をお考えの方も是非ご確認下さい。

見てもよくわからない!という場合はお気軽にお問い合わせください。

角川さんのサービス、お問い合わせはこちらから
おうちの買い方相談
トップへ